チアポンポン作り方講座│誰でも簡単!チアポンポン作りに挑戦しよう│材料比較

チアポンポンの材料、各社メッキテープを比較してみた。

メッキテープ比較画像

 

メッキテープって、街のお店で売ってるの見たことないよね。


 

 

そう、メッキテープはほぼインターネット通販でしか売ってないの。


 

 

チアガール画像

ここでは、チアポンポンの材料として使える各社メッキテープ(メタリックテープ)を比較してみました。

 

見た目は同じでも、実際に手に取って見比べるとどれだけ差があるのでしょうか?

 

是非メッキテープでチアポンポンを作る時の参考にしてくださいね♪

 

メッキテープはどこで買えるの?

 

メッキテープの比較をする前に、メッキテープの取り扱いについて調べてみました。

 

結論から言うと、メッキテープはほぼインターネット通販でしか買えません!

 

実はチアポンポンの材料で使えるメッキテープは、ほぼ街のお店では売っていません。というか、私は確認できませんでした。(^^;

 

街で売っているメッキテープは、幅が1〜2cmくらいの物や、巻き数が数メートルしかなかったり、チアポンポンの材料で使うには無理な物がほとんどです。

 

以上のことから、ここでは、インターネット通販で購入できるメッキテープの比較となります。

 

代表的なメッキテープ4社、選んでみた

 

今回は有名な大手ショッピングモール、楽天、amozon、YAHOOショッピングで購入できるメッキテープ4社を選んでみました。

 

大手のショッピングモールで売っているチアポンポン用のメッキテープなら、誰でも買いやすいですしね♪

 

色目の違いも分かるように、4社とも同じ色の『赤』、テープ幅『50mm』、で比べてみました。

 

素材の原材料はいずれも、PET樹脂素材のテープとなっています。

 

PET樹脂素材とは?

皆さんご存知の、飲料水のPETボトルと同じ、ポリエステル樹脂(ポリエチレンテレフタラート)でできたプラスチック素材の事です。

 

 

 タカ印  ポンポンやさん
タカ印メッキテープ画像
楽天、YAHOOショッピング、amazonで購入可能
ポンポンやさんメッキテープ画像
YAHOOショッピングで購入可能
 Cheery D BOON SQUARE
チアリーメッキテープ画像
amazonで購入可能
BOON SQUAREメッキテープ画像楽天で購入可能

 

4社のメッキテープを比べてみた

 

それでは実際に4社のメッキテープを並べて比較してみました。

 

結論からお伝えすると、4社ともチア用のポンポンを作るうえで、高いクオリティをもったメッキテープだと感じました。

 

4社のメッキテープを並べてみました。

 

メッキテープ4社比較画像

 

写真の見た目だけでは、ほとんど同じに見えますね(^^;

 

しかし、じっくり比べると、厚みや光沢感など違いがありましたよ!

 

A・タカ印

比較A画像

 

色味は少し青みがかった落ち着いた赤色です。塗膜はしっかりしているし、メタリック感は4社の中で1番と感じました。

 

特徴としてはテープの厚みで、他3社は0.025mmなのに対してタカ印は0.038mmとかなり厚く、実際に手で触って比べても、かなりテープにコシがあり、しっかりしています。

 

テープに厚みがあり、ポンポン作成時にテープがピンと立ちやすい反面、重量が重くなるのと、ポンポンを開きにくいと感じるかもしれません。

 

テープの質 星5画像
テープの発色 星4社とも画像
塗膜の厚さ 星4.5画像

 

楽天、YAHOOショッピング、amazonで購入可能

 

B・ポンポンやさん

比較B画像

 

色味は黄みがかった赤で、テープ表面が4社の中で一番綺麗で、赤色が鮮やかに発色しています。塗膜もタカ印の次にしっかりとしている感じです。

 

テープ表面を指でなぞると、他3社ち比べて少しすべりにくい印象でした。この点は、ポンポンを作るときになにも問題がなさそうです。

 

テープの質 星4.5画像
テープの発色 星5画像
塗膜の厚さ 星4画像

 

YAHOOショッピングで購入可能

 

C・Cheery

比較C画像

 

テープの色味は黄みがかった赤という印象です。塗膜は他3社ちと比べると、若干ムラがあるように感じますが、見た目はキレイで問題無しだと思います。

 

テープを触ったイメージは、4社の中で厚みが一番薄く感じられました。厚みは0.025mmなので、塗膜が微妙に薄いのか??

 

薄いという事は、ポンポンを作ったときに軽量になるので子供用やサイズの大き目、テープ枚数が多いチアポンポンを作る時に最適かもしれません。

 

あと、巻き芯の直径が小さいので、メッキテープに少し巻き癖がつき、極微量にカールしていました。

 

テープの質 星4画像
テープの発色 星4画像
塗膜の厚さ 星3.5画像

 

amazonで購入可能

 

D・BOON SQUARE

比較D画像

 

色味は4社の中で、一番黄みがかった赤という感じです。塗膜は綺麗ですが、4社の中で一番塗膜が薄いように見えました。

 

今回、5m巻きの商品を注文したのですが、ロール芯ではなく、厚紙に巻いて商品が送られてきました。(写真参照)厚紙両端の曲がり癖がテープにあるのが、少し残念に感じました。

 

テープの質 星4画像
テープの発色 星4画像
塗膜の厚さ 星3画像

 

楽天で購入可能

 

 

以上、4社のメッキテープを比べてきましたが、違いはあれど、4社ともメッキテープでチアポンポンを作るうえで、クオリティが高い商品である事は間違いないです。

 

では、テープ素材以外の部分からもみた、おすすめメッキテープランキングです。

 

 

チアポンポン作成おすすめメッキテープランキング

 

タカ印メッキ02画像

タカ印テープ画像

タカ印の特徴
日本ブランドの文具メーカー『ササガワ』が、タカ印ブランドとして販売しているメッキテープです。POP用品やラッピング用品なども取り扱っていて、創業が明治からの老舗店です。日本製なので商品の品質には安心感があります。
カラーは全6色。テープ幅の種類が15mm、25mm、50mmと豊富です。
価格 1,300〜2700円 前後
評価 評価4.5
カラー数 全6色
テープ幅 50mm、25mm、15mm
テープ厚 0.038mm
テープ長 40m、100m、200m
素材 PET樹脂フィルム
備考 柄入り、ホログラムメッキテープも販売
タカ印の総評
カラー数は少なめではあるものの、定番カラーは押さえています。
なんといってもフィルムの厚みに厚みがあり、メッキテープにコシがあるので、しっかりとしたチアポンポンを作りたい方にオススメです。
テープ幅も15mm、25mm、50mmと3種選択できますので、荒め細かめ、お好みのチアポンポンを作る事が可能です。
楽天、amazon、YAHOOショッピングと、あなたに合ったショッピングモールでの購入が可能です。

ポンポンやテープ画像

ポンポンやさんの特徴
メッキテープだけではなく、チアダンスに関するグッズを中心に販売れており、ウェア、小物など種類もかなり豊富にラインナップされています。
メッキテープのカラーは全15色。テープ長は100m。
価格 1,100円 前後
評価 評価4.5
カラー数 全15色
テープ幅 50mm
テープ厚 0.025mm
テープ長 100m
素材 PET樹脂フィルム
備考 ホログラム、プラテープ(メタリックでないもの)も販売
ポンポンやさんの総評
メタリックカラー全15色と豊富なカラーから、あなたにピッタリな色を選ぶ事が可能です。色の発色もキレイ、お値段もリーズナブルなので、チアポンポンを作る方におすすめの商品です。

沢山のチアグッズも販売されていますので、チアダンスチームなどで同時購入すれば、送料等も安くする事も可能です。

チアリーメッキ01画像

チアリーメッキ02画像

Cheeryの特徴
メッキテープだけでなく、ホロブラムテープ、各種スポーツ観戦で使えるプラスチックテープなども販売されています。
メッキテープカラーは全10色。テープ長は100m。
ホログラムは全6色、プラスチックは全8色。
価格 1,200円 前後
評価 評価4
カラー数 全10色
テープ幅 50mm
テープ厚 0.025mm
テープ長 100m
素材 PET樹脂フィルム
備考 ホログラム、プラテープ(メタリックでないもの)も販売
Cheeryの総評
amazonで購入可能なのは嬉しいですね。カラーも豊富、ホログラムやプラテープをあるので、色々な素材をMIXして作る事も可能です。

巻き芯がコンパクトなので、場所をとらず、収納しやすいのも便利です。

ブーンメッキ02画像

BOONSQUREやテープ画像

BOON SQUAREの特徴
ポンポン用テープだけではなく、応援グッズやイベント商材、手芸クラフト用品なども取り扱っています。
メッキテープカラーは全7色。ホログラムテープ、プラスチックカラーテープも取り扱っています。
価格 216〜2,200円 前後
評価 評価4
カラー数 全7色
テープ幅 50mm、25mm、12mm
テープ厚 0.025mm
テープ長 5m、100m、200m
素材 PET樹脂フィルム
備考 ホログラム、プラテープ(メタリックでないもの)も販売
BOON SQUAREの総評
ポンポン用テープの幅が、12mm、25mm、50mm、メッキ、ホログラム、プラテープから選べ、種類もかなり豊富なので、あなたの理想のチアポンポンを作る材料を見つける事ができるでしょう。

応援グッズやイベントグッズも販売していますので、体育祭や文化祭、ホームパーティなどでチアポンポンを使う場合は、その他グッズも同時購入できるので、オススメです。

 

(掲載画像、各店舗様WEBページより引用)

 

以上、チアポンポンを作るときに使うメッキテープ、代表的な4社を比較してみました。

 

どのお店のメッキテープもクオリティが高いので、安心して購入する事ができますよ♪

 

あなたがよく使うショッピングモールを利用して、買う事が可能なのも嬉しいですよね。

 

皆さんのポンポン作りの参考になれば幸いです♪

 

 

 

 

page top